~精密検査その1~
2017年 8月30日(水)

先日の健康診断の結果、

「肺腫瘤の疑いの為」要精密検査ということで、

週初めの月曜日に近くの総合病院の予約を取りました。

 

 1.精密検査当日

今日は有給休暇を使い、精密検査に向かいます。

やはり、朝から気持ちが落ち着きません。

ここの総合病院は20年程前に、バイク事故で足を複雑骨折した際に、
搬送された病院です。(人生で初めて手術を行った場所です。)

それ以来、この病院には来ていなかった為、なんとなく懐かしい
感じがしました。

 

 

受付で、健康診断の結果、呼吸器内科にて要精密検査」の旨を伝え、

問診票などを記載しながら、順番を待ちました。

それから、5分ほどして、診察室に呼ばれました。

 

 2.呼吸器内科問診

先生「現在、何か自覚症状はありますか?」

「何もありません。」

先生「CTのここの画像を見てください。ここに腫瘍らしきものがあります。

詳しくは検査して見ないと分かりませんが、呼吸器外科の分野
になりますので、そちらで相談してみて下さい。」

「分かりました。率直にお尋ねしますが、癌でしょうか?」

先生「肺がんということはないでしょう。恐らく縦隔腫瘍です。
治療方針等を含めて外科の先生に聞くのが一番でしょう。」

「分かりました。有難うございました。」

 

そんなやり取りが終わり、呼吸器外科の受付を済ませ、待合室で待っていました。

『縦隔腫瘍』という言葉自体、初めて聞いた言葉でした。

 

 3.呼吸器外科問診

呼吸器外科に呼ばれ、診察室に入ると、

先生

縦隔腫瘍で間違い無いね。神経に出来ている腫瘍だね。

神経由来の腫瘍で、大半が良性腫瘍だから安心して。

ただし、この腫瘍は手術で取って検体検査をしないと良性・悪性の
判断は出来ません

このまま大きくならない良性の可能性もあるが、腫瘍が大きくなって
神経を圧迫
したら、最悪、麻痺などの障害が出る恐れもあるし、
良性とは限らないので原則としては、腫瘍の摘出手術を行います。

しかし、交感神経に出来ていて、位置的にもかなり取りづらい所
に出来ているので、

①取る際に、神経をキズつけてしまい、後遺症がでるかも知れない。

②基本は胸腔鏡施術(内視鏡)だが、手術途中で開胸手術に
切り替えるかも可能性がある
。」

という説明がありました。

 

正直、この時点で「悪性腫瘍」可能性が少なくなって安心している
自分がいました。

 

先生

「正直、この病院での手術が不安であれば、他の病院に紹介状
作るので、そこで手術ということも可能です。
このあたりだと、手術の症例が多いのは『がんセンター』ですね。
まぁ、すぐには結論が出にくいと思うので、本日は血液検査と、
造影剤を使ってCTを撮影し、1週間後に結果を聞きに来てもらった
際に、方針を決めましょう」

とおっしゃったので、検査だけ受けて帰ることになりました。

※次回に続きます。   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です