~がんセンター受診その3 縦隔腫瘍~
2017年 9月 29日(金)

3回目の来院です。

本日は『検査結果』『CT検査』『心電図検査』『肺活量検査』
となります。

 1.受付

前回で、機械による受付も要領は分かりましたので、常連客の如く、
受付を済ませました。
(まだ3回目ですが、、、)

 2.診察

今日は診察からスタートです。

まずは、前々回受けた『血液検査』及び『心電図検査』
結果を聞きます。

結果は特に異常はありませんでした。
(血液検査の際に一緒に行っていた感染症も問題ありませんでした。)

続いて、先生から

『手術日が決定しましたので手術前日から入院してください。』
との話がありました。

そんなこんなで、診察も終わり、
続いて、手術前の最終検査を行いました。

検査内容は『CT検査』『心電図検査』『肺活量検査』です。

 3.CT 検査(造影剤有り)

人生3回目のCT検査です。

待合室は結構な人が順番待ちをしていました。

造影剤使用の『承諾書』に記入し、雑誌を読みながら順番を待ちます。

20分程で検査室に呼ばれました。

検査の前室で、造影剤の準備をし、検査に入ります。

やはり、MRI検査と比べて格段に検査時間は短です。

前回、総合病院で検査を受けた時は特に感じませんでしたが、
今回は検査後、若干の気持ち悪さが残りました。
(水分を取ったら治りましたので体調のせいなのかも知れませんが)

 4.心電図検査

今回の心電図検査は今までの心電図検査とは違っていました。

まずは、普通に心電図を図ります。

その後、『踏み台昇降運動』を3分間行った後に、ただちに心電図を
図りました。

学看護師さんが、踏み台昇降中ずっと『1、2、3』と掛け声を掛けて
くれていたのですが、踏み台昇降は学生の時以来でしたので何だか
恥ずかしくなりました。

心電図の結果は特に問題なかったです。

 5.肺活量検査

最後に肺活量の検査です。

実は肺活量検査といくのは、今まで経験が無く、初めてです。

機械に口をつけて、息を吐くのですが、最近は運動も
全くしていなかったので、かなり自信がありませんでした。

看護師さんの励ましの言葉を受けつつ、頑張りました。

『肺活量は問題無いですね!』

と言われて、人生初の肺活量検査は終了しました。

 6.会計

入院前の最後の検査が、終了して会計を済ませ、本日は終了です。

 7.入院について

手術日は10月11日(水)に決定しました。なので、入院は前日の、
10月10日(火)からです。

3連休明けから、1週間程入院生活です。ちょっと緊張します!

 

 8.番外編

入院前の1週間の行動です。

平日は当然普通に会社に行き、入院日から2週間の休みをもらったので
休みの間の仕事の引き継ぎを終わらせました。仕事終わりは、

『入院中は酒は飲めないから今のうちに飲みに行くか?!』と、
色々と飲みに連れてってもらいました。

健康診断の結果、肝臓の数値も悪かったのですが、まさかの
縦隔腫瘍が見つかったので、本当は、肝臓の再検査も受けなければ
いけなかったのですが、

『来年の健康診断までいいか。』

という、勝手な自己判断で特に節制をするわけでも無く、
暴飲暴食を繰り返しておりました、、、。

 

休みの日は、入院中は暇を持て余すだろうと、
あまり携帯ゲームなどをやらない私なので、
入院前にブックオフにて古本を買い漁りました

それと入院日を三連休明けにしてもらった最大の理由の

『末っ子の幼稚園での初めて運動会』

も快晴の中、無事完了しました。

入院に向けて準備は万端です!!

※次回から入院編スタートです※

~がんセンター入院その1 縦隔腫瘍~2017年10月10日(火)
に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です