~尿酸値について~

先日の健康診断で『尿酸値』が高かった為、どうしたら下げることが
出来るか。また、どの様な病気になりやすいか調べて
みました。

 1.尿酸とは?

尿酸とは、プリン体』という物質が体内で分解されたあとにできる
老廃物のことです。
プリン体は、運動したり臓器を動かしたりするための
エネルギー物質で,常に体内で作られています。
プリン体は主に肝臓で分解され尿酸となり,一時的に体内に
溜め込まれた後,尿や便として体の外に排泄されます。

アルコールや食べ物に含まれているプリン体を気にする人が
多いのですが、実際はアルコールや食べ物から体内に吸収される
プリン体から作られる尿酸は2割程度
残りの8割は体内にあるプリン体から尿酸は作られます。

 2.尿酸値の適性値・基準値は?症状は?

血中の尿酸値が7.0mg/dLを超えると『高尿酸血症』と呼ばれます。

『高尿酸血症』の状態が続くと、血液に溶けきらなかった尿酸は
結晶になって関節に沈着し、急性関節炎『痛風』を引き起こします。

『痛風』による痛みが起きると、患部には腫れや赤みが起こり、
熱を持ちます。
痛みは1、2日間がピークで、1~2週間経過すると、痛みは完全に
引いていきます。
人によって期間は様々ですが痛風発作が繰返し起こるようになります。

『痛風』の発病割合は男性9割・女性1割と圧倒的に男性が多いです。

 3.尿酸値が高くなる原因は?

高尿酸血症は、主な原因としては次の通りです。

①尿酸の排泄低下
肥満や運動不足、脱水、腎不全、アルコール過剰等が原因となります。
日本人の患者の約5割を占めます。
②尿酸の産生増加
肥満や運動不足、造血器疾患、アルコール過剰等が原因となります。
日本人の患者の約2割を占めます。
③混合型
尿酸の排泄低下と尿酸の産生増加の両方のタイプの合併です。
尿酸が多く産生される上に、排泄量も少ないので過剰な尿酸が
残ります。
日本人の患者の約3割を占めます。

 4.尿酸値を下げるには?

尿酸値を下げる為には、下記のことが大切です。

①適度な運動を行う。
ウォーキングや軽い運動(有酸素運動)を定期的に行うと
肥満解消に効果的で、尿酸値低下につながります。

②水分を多めに摂る。
一日2Lを目安に水分を摂るようにしましょう。
しかし糖分の多く含まれる清涼飲料水は、飲む量が多く
なると尿酸値を上げてしまう恐れがあるので摂り過ぎに
注意が必要です。

③ストレスをためない。
ストレスは尿酸値を上げる原因になるので、ストレスを
ためこまない事が大切です。

④バランスの良い食事を摂る。
プリン体を多く含む食品は過剰摂取しなければ、制限する必要は
ありません。
主食(米やパンなど)と主菜(肉や魚類など)・副菜(野菜類など)を
バランス良く組み合わせて、食べ過ぎないように(腹八分目)を
心掛けましょう。

⑤アルコールは、ほどほどに。
アルコールを摂取するとプリン体の有無に関わらず、
尿酸値は上昇します。
アルコールの摂取量する場合の目安は、1日あたり日本酒1合、
ビール500mL、ウィスキー60mL程度が良いとされてされています。
普段から良くお酒を飲む方は、週に1,2回「休肝日」を設けましょう。

⑥尿酸値を下げるのに良い物。
コーヒーや牛乳などの乳製品、野菜や海草、キノコ、大豆製品
尿酸値を下げる効果があると言われています。

 5.まとめ

暴飲暴食を避け、適度な運動を定期的に行うと、尿酸値の低下と共に
肥満解消へと繋がります。

生活習慣病予防の為にも、規則正しい生活を心掛けましょう。

 【おまけ雑学】

『痛風』という名前の由来は諸説あり、有名な説は次の通りです。

・風が吹くように強弱をつけて痛みが酷くなったり、和らいだりを
   繰り返すことから。

・痛みが出ている箇所は、風が吹いて当たっただけでも痛いことから。

 

~ガムの効能について~

皆さんは、どんな時にガムを噛みますか?

気分転換、お腹が空いた時、甘い物が欲しい時、禁煙中のタバコの
代わりに、口臭が気になる時など、様々な理由があると思います。

そんな『ガム』の効能について考えてみましょう。

 1.ガムの歴史

西暦300年頃のメキシコのマヤ文明時代の住民たちは、
当時群生していた『サポディラ』という巨木(約20mほど)の
樹液『チクル』を集めて煮込んだ物を固めて、噛む習慣があり、
それがガムの元祖と言われています。

日本では、1916年(大正5年)に初めてチューインガムが
輸入されました。
1928年(昭和3年)頃から国内製造販売が開始されました。

 2.ガムの種類

板ガムや粒ガム、ボール形状のガムなどの形状があり、
キシリトール配合やデンタルガム、フルーツガムなど様々な
味のガムが販売されています。

現在、コンビニ等で売られているのは、粒ガムが主流です。

 3.ガムの効能

【1.脳の活性化】
――――――――――――――――――――――――――――――――
ガムを噛むことで、顎と口を動かし、脳の咀嚼(そしゃく)中枢
刺激を与えることによって、血液循環が良くなり脳が活性化されて、
脳の働きが良くなり、集中力などがアップすることで、下記の効果
があります。

①眠気防止
②集中力アップ
③記憶力アップ
④認知症の予防
⑤リラックス効果

アスリートの方も、集中力アップなどの効果が期待できる為、試合中に
ガムを噛んでる方も、いらっしゃいますよね。

運転中の眠気防止に『スルメイカ』を噛むのも同様の理由で効果が
ありますよ!

認知症予防にも効果があるということで、日頃から咀嚼(そしゃく)の
習慣をつけていきたいですね。

【2.虫歯予防】――――――――――――――――――――――――――――――――
現在は『キシリトール』配合のガムが沢山販売されています。
キシリトール自体は、甘味料のひとつにすぎないのですが、
砂糖と違い、虫歯になる原因のものではありません。

それどころか、キシリトールガムは歯を健康に保つ、3つの働き
があります。

その1.
口を動かすことで、唾液の分泌が促され、口内環境を良好にし、虫歯を
予防する。

その2.
ネバネバしている歯垢を落としやすい状態にする。

その3.
キシリトールは虫歯の原因にならず、逆に『虫歯菌』の働きを
抑制させる
ことができる。

上記のような効果があるなんて、スゴイですよね。
しかし、一概にキシリトールガムと言っても
キシリトールの『配合率』も重要なポイントになります。

キシリトールの配合率によって、効果も変わることから、
最低ラインとして『50%』
出来れば『90%』が望ましいです。
ちなみにキシリトール100%は歯科医院の専売品となります。

虫歯予防効果もあるガムですが、
砂糖類の甘味量が多く配合されているものは注意が必要ですね。

【3.ダイエット効果】――――――――――――――――――――――――――――――――
ダイエット効果といっても、基本的にはガム自体にダイエット効果が
あるわけではありません。
それでは、何故ダイエット効果が期待できるのでしょうか?

それは、ガムを噛むことによって下記の効果がある為です。

その1.
ガムを噛む行為自体は、良く顎を動かすため、カロリーを消費する
ことが出来ます。

その2.
咀嚼(そしゃく)することによって、満腹中枢が刺激されます。
満腹中枢が刺激されることによって、食べ過ぎや間食を予防し、
余計にカロリーを摂取することが抑えられます。
カロリーを過剰に摂取しないことにより、ダイエット効果があります。

その3.
ガムを噛むことで、顔の筋肉が鍛えられ、引き締まったフェイスライン
手にいれることができます。
ただし、片側の歯で噛む行為などは、バランスが悪いため、
左右対称、奥歯、前歯とまんべんなく、顔の筋肉を鍛えるのが
重要です。

この『ダイエット効果』ですが、先ほどのキシリトールと同じく
砂糖類の甘味量が多く配合されているものは注意が必要です。

 4.まとめ

この様に、さまざまな効能があるガムですが、デメリット
ありますのでなにごとも程々にしましょう。

私自身もガムを日常的に噛むことによって、顔が痩せたと
周りに言われるようになりました。
(全体的には、まだまだメタボ体形ですが、、、)

ちなみにデメリットとしては、下記のものがあります。
1.ガムを噛みすぎることにより筋肉が痛み『顎関節症』となる。
2.頭痛がでることもある。
3.噛む筋肉が発達しすぎることによって、顔が四角くなる。
(エラが張る)

※現代の食事は、あまり噛む行為が少ない食事が多いため、
噛む行為自体は、大変良いことだと思います。
あまり、過敏になりすぎずに、ガムの良い効能を手に入れましょう。

 【おまけ雑学】

ガムの日
平安時代から、元旦と6月1日は、『歯固めの日』として、硬いものを
食べて健康長寿を祈る習慣がありました。
日本チューイングガム協会が6月1日

『チューイングガムの日』

として、1994年に制定した記念日です。

イベントなども行われるみたいなので、是非参加しては
いかがでしょうか?