~がんセンター入院その3 縦隔腫瘍~
2017年 10月 11日(水)

いよいよ、手術当日の朝を迎えました。

縦隔腫瘍が発覚したのが、8月30日なので発覚から
約1ヶ月半での手術となります。

 1.手術当日の朝

当日は朝6時に起きたので、手術まで後3時間です。

テレビのニュースを見たり、スマホをイジったりして時間を
潰していました。

手術時間が近づいてきたので、看護師さんが『体温』及び『血圧』
測りにやってきました。

『体温』『血圧』とも、特に問題は無く、手術着を渡されました。

手術着に着替えが終わったら、麻酔用の点滴針の準備をし、
手術準備の完了です。

やはり、ドキドキします!

 2.縦隔腫瘍手術

いよいよ、手術室に向かいます。

奥さんも手術立会いの為に、来院しました。

看護師さんと奥さん、私の3人で別棟の手術室に歩いて向かいました。

手術室前で奥さんと別れ、手術室前室に入ります。

手術室前室に入ると、他に3名の方が待機していました。

9時ちょうどに手術室に呼ばれましたので、歩いて手術室に向かい
手術台の上に仰向けで横になりました。

いよいよ、手術が始まります。

まず、色々な器具を身体に付けられ、続いて麻酔科の先生が

『では、これから麻酔を使用します。』

と言って、麻酔が始まったと同時に意識が無くなりました、、、。

ついに、人生3回目の手術が始まりました。
※1回目は骨折した足にボルトを入れる手術(全身麻酔)
※2回目は足のボルトを取る手術(部分麻酔)

 

 3.手術完了(リカバリー室にて)

・・・ゆっくりと麻酔から覚めました。

薄着のせいか、寒気がします。

看護師さんが

『手術は無事終わりましたよ!』と言ってくれました。

「今何時ですか?」と聞くと

『12時半ぐらいです。手術時間は約3時間程度でしたよ!
そろそろ病室に戻りますが気分はどうですか』と言いました。

今のところ、どこか痛いという感じは無かったのですが、一つだけ
非常にツライことがありました。

それは尿道カテーテル』が挿入されていることによる

『残尿感』です。

―――――――――――――――――――――――――――――――
◎【尿道カテーテルとは】
尿道口から膀胱(ぼうこう)に通して導尿する為に使用するカテーテル。
神経障害や前立腺肥大などで排尿が困難な場合や、
手術時・絶対安静時などの排尿が困難な場合に使用される。
使用時は残尿感などの不快感がある事がある。

カテーテルは挿入時が一番痛く、抜く時はあまり痛みを感じないことが多い
―――――――――――――――――――――――――――――――

以前の手術の時はあまり、気にならなかったのですが、
(もう20年くらい前なので、実際はあまり覚えてませんが、、、)
今回は、もう半端ない『残尿感』に襲われました。

喉が渇いていて、カラカラの声で看護師さんに思わず、

「この管抜いてもらえませんよね?!」と聞いてしまいました。

看護師さんは、笑いながら

『早くても、明日までは取れないので、我慢してくださいね~。
では、そろそろ病室に戻りますよ~。』

と言って、ストレッチャーで私を病室まで運んでくれました。

この時は、

1.点滴
2.胸腔ドレーン
3.尿道カテーテル
4.ふくらはぎにマッサージ機(血栓予防)

を装着している状態でした。

 4.手術完了(個室にて)

看護師さんにストレッチャーにて病室まで運んでもらいます。

『今日は、部屋が変わりますよ』と言われ、個室に向かいました。
(すっかり忘れていましたが、手術前に言われてました、、、)

病室に戻り、本日は『安静』にしています。

ベッドにて装備品が増えました(笑)

1.酸素チューブ(鼻から酸素を送るタイプ)
2.脈拍測定器

 

手術当日の夜はとても長く感じました。

病室に戻ってしばらくすると、残尿感』は多少落ち着いたのですが、
とにかく、

腰』(腰痛持ちです)
『手術した方の肩甲骨』
の痛みに襲われました。

看護師さんからは、
『痛み止めが使えるから我慢しないで下さいね』
言われてましたので、何回か痛み止めをお願いしました。

寝るに寝れず、色々、管が繋がっているので、寝返りも打てず、
ちょっとずつ姿勢を変えながら、過ごしていました。

痛み止めも効いているのかイマイチ分からない感じでした。

『手術中、ずっと同じ姿勢だったので、体が痛いんでしょうね』
『脇の下の手術の傷は痛みますか?』

と看護師さんに言われました。

実際、手術で切開した脇の下は痛み止めが効いているのか、
痛みを感じませんでした。

そんな、ツライ状況の中、朝になれば多少良くなるだろうと思い、
ウトウトしつつ、寝不足のまま翌朝を迎えました

 

 

 

 

 

~がんセンター入院その4 縦隔腫瘍~
2017年 10月 12日(木)

昨日、無事手術も終わったのですが、腰などの痛みで
あまり眠れずに翌朝を迎えました。

 1.手術翌日の朝

ウトウトしていると、空が明るくなってきたのが、分かりました。

「やっと朝がきたぁ。」

と思い、またウトウトしていると、看護師さんが今日の予定を教えて
くれました。

その1.
今日から、朝昼晩に痛み止めと化膿止めの薬を飲む

その2.
『ふくらはぎのマッサージ機』を外す。(血栓防止用で使用)

その3.
先生の問診で問題なければ『胸腔ドレーン』『尿道カテーテル』
を抜く。

その4.
昼前ぐらいにレントゲン撮影がある。
(検査室に行くのではなく、病室にて撮影)

その5.
レントゲン撮影が終わったら歩いて病室(大部屋)移動

といった予定です。

まず、先生の問診から始まりました。

先生
『昨日の手術は無事終わりました。腫瘍は完全に取れました
検体検査に回しているので、結果は約3週間後に判明します。』
とおっしゃいました。

その後、手術傷と胸腔ドレンの状況を確認して、
『後で胸腔ドレンを抜きに来ます。』と言って、問診は終わりました。

もうすぐ、立って背中を伸ばせると思うと、安心して眠気がMAX
なってきました。
(この時点でも腰と肩甲骨の痛みは相変わらずです。
傷口はほとんど痛みがありません。)

しばらくして、看護師さんが

『今から水分取っても大丈夫ですよ。食事はお昼からでますよ。』

と言って、薬と水を持って来てくれました。

『薬を飲んだら、ふくらはぎのマッサージ機を外して、
ベッドから降りて少し足踏みをしてもらいます。』

しかし、薬を飲んですぐに眠気MAXに到達し、看護師さんが
『ふくらはぎのマッサージ機』を外してくれてる間に眠りに
落ちてしまいましたzzz。

 2.手術翌日の午前中 その1

どれぐらい、寝ていたか分かりませんが看護師さんが

『さぁ、足踏みしますよ~!』

と元気な声で起こしてくれました。

久しぶりに、そんな寝落ちをしてしまいました。
(昨日は熟睡出来ませんでしたから、、、)

ベッドから立ち上がると若干立ちくらみがしましたが、
すぐに回復して足踏みを1分程行いました。

足踏みが終わると、次は『胸腔ドレーン』を抜きます。

担当の先生が来て、ドレーンを抜いてくれます。

『息を吸って~、はいっ!止めて』

その瞬間、スルスルっていう感じであっさり抜けました。

抜いた後は、パチパチと医療用のホチキスで止めて完了しました。

ちなみに痛みはなかったです

続いて、尿道カテーテル』を抜きます。

『尿道カテーテル』を抜くのは、若干違和感があったのですが、
激痛などの痛みはなかったです。
(挿入時は激痛らしいのですが、手術中だったので当たり前ですが、
痛みは感じませんでした。)

忘れてましたが、脈拍測定器』も外してもらいました。

『胸腔ドレーン』
『尿道カテーテル』
『ふくらはぎマッサージ機』
『脈拍測定器』
が取り外されて、残る装備品(笑)は、

『点滴』『酸素チューブ』だけになりました。

   

  3.手術翌日の午前中 その2

『尿道カテーテル』を抜いてくれた看護師さんが、

『さぁ、後はなるべく動いて早く回復しましょうね。
早速一緒に歩いてみましょう。』

とりあえず、廊下を1周することになりました。

若干、足取りが重かったのですが、

『廊下1周徒歩旅行』

が、無事終わり、個室病室に戻りました。

病室に戻り、しばらくするとレントゲンの機械が運ばれてきて
病室で『胸部レントゲン』を撮影しました。

一通りの予定が終わり、大部屋の病室に移動しました。

 4.手術翌日の午後

大部屋の病室に移動したら、ちょうどお昼ご飯の時間です。

約1日半ぶりの食事で、いつもは大食いの私ですが、すべて
食べきれず、少しですが残してしまいました。

今日は後は、何もすることなく午後の先生の回診を受けて
『酸素チューブ』を外してもらいました。

明日にはお風呂に入れるみたいです。

夜ご飯を食べて、しばらく本を読みながらそろそろ寝ようと
思ったのですが、

『腰の痛み』

は、大分良くなったのですが(ヘルニア持ち)

『肩甲骨の痛み』(手術した側)

が、なかなか治まらなかったので、看護師さんに湿布を貼って
もらい、手術翌日は眠りにつきました。

※手術後は『早期離床』といって、なるべく早くベッドから離れて
体を動かすことが推奨されているみたいです。

あまり動いていない甲骨の痛で完全な熟睡は
出来ませんでした。
(手術当日の夜と比べたら、大分寝れましたが。)