~がんセンター入院その1 縦隔腫瘍~
2017年 10月 10日(火)

今日から約1週間の入院生活のスタートです。

前に手術をした際、手術後数日は痛みがひどく、かなり辛い時期が
あったのを思い出し、今回も同じなのかぁと不安だらけでした。
(10代の頃なので約20年前ですが、足の複雑骨折をし、
ボルトをいれる手術をしました。)

 1.入院当日の朝

今日は11時に病院へ行き、入院の予定です。

朝はいつもの様に、6時頃目が覚めて、子供達がそれぞれ
学校・幼稚園に行くのを見送ります。

入院セットを奥さんが用意してくれていたので、
朝ご飯をゆっくり食べてお風呂に入り、準備万端です。

入院の際に持って行った物は下記の物です。

・パンツ
・肌着
・退院時の着替え
・タオル
・入浴セット
・カミソリ
・歯磨きセット
・ティッシュペーパー
・サンダル
・湯呑み
・スマートフォン
・暇潰し用の本
・現金(あまり多目には持って行ってません。)
・イヤホン
・診察券
・保険証

(普段パジャマを着る習慣がないので、家にパジャマはありません。
したがってパジャマはレンタルする予定でした。)

入院セットを持って、いざ病院へ出発です。

 2.受付

今日は入院受付なので、いつもの機械受付で無く、
『入院専用受付』にて受け付けを行います。

受け付けにて入院病棟の場所を聞き、ナースステーションに
向かいます。

入院病棟のナースステーションにて、再度受け付けをし、病室に
向かいます。
(当然、個室に入る予算は無いので、大部屋ですが、、、。)

 3.入院初日-病室にて-

さて、ようやく入院病室に到着です。
(4人部屋でした。)

まずは看護師さんに、バーコードのついた『リストバンド』
手首につけてもらいます。
(採血等の時に、間違えが無いよう本人確認をする為らしいです。)

リストバンドを着け終わったら、病棟内の簡単な説明があります。

非常口の位置、シャワー室・浴室の使い方、自動販売機の位置等の
説明がありました。
(ナースステーションの前に、体重計があり毎日測定するそうです。)
パジャマのレンタルも済ませました。

一通り、看護師さんの説明があり、

『今日は採血検査だけなので、明日(手術)に備えてゆっくり
して下さい。体温と脈拍だけ測ったら、採血室に行ってください。』

と言われ、体温と脈拍を測ってもらいました。

 4.重大事件?!

看護師さん

『38.5℃もありますよ?!』

いやいや、そんなわけはありません。
頭も痛くなく、熱っぽさすらないのですから。

もう一回測ってみます。

結果...。

『38.3℃』

看護師さん

『インフルエンザの予防接種はしていますか?!』

⇒今まで、一度しかしたことがありません。
※ちなみに去年はインフルエンザにかかりました、、、。

『この体温だと、明日手術はできませんね~。熱が下がらなかったら
一度退院していただき、再度手術日を決定することになります。』

という、お言葉が。

まさか、手術が出来なくて、入院延期とは。
そんなことは、考えてもいませんでした。
さすがに、そんなことは会社にも言いづらくて避けなければ。

『一応、ンフルエンザの検査をしますので、処置室にきてください』

看護師さんと、処置室に向かいます。

(なんとなく、そういえば熱っぽいなぁと思い始めました。)

 5.インフルエンザ検査

インフルエンザの検査は、鼻の奥の粘膜を採取するため、
綿棒みたいな物を、鼻の奥に突っ込みます。

今まで、2,3回やったことがありましたが、気持ち良いものでは
ありませんね。

検査結果が出るまで、1~2時間掛かるらしく、それまでは
病室で待機となりました。

まさか、インフルエンザだったら、このままUターン帰宅です。

この時点で14:00前頃です。

さぁ、どうなることやら...。

~がんセンター入院その2 縦隔腫瘍~2017年10月10日(火)
に続きます。