~がんセンター受診その2 縦隔腫瘍~
2017年 9月 21日(木)

2回目の来院です。

本日は『MRI検査』だけで、診察はありません。

次回の診察(9月29日)は前回予約済みです。

 1.受付

前回は初診の為、有人のカウンターにて受付をしましたが、
今回は再診の為、機械による受付です。

受付機に診察券を入れると予約の内容が書かれている紙が発行されて、
受付は完了です。

初めての機械による受け付けでしたが、係りの人が操作の仕方を教えて
くれましたので、スムーズに受付が出来ました。

 2.MRI検査(事前準備)

――――――――――――――――――――――――――――――
◎【MRI検査とは】
強力な磁石でできた筒状の機械の中に入り、磁気の力を利用して
体の臓器や血管を撮影する検査。

レントゲン検査やCT検査と違い、放射線被爆の心配は無いが、
撮影時間は長い。(20~30分程度)

強力な磁力を利用するため、心臓ペースメーカー使用の方や
人工内耳の方などは検査不可
―――――――――――――――――――――――――――――

MRIの受付を済ませ、問診表に記入をし、待合室にて順番を待ちます。

しばらくすると、検査室に呼ばれました。

検査室に入ると、まずは検査着に着替えます。

検査室内は金属等は持ち込めないので、ロッカーに入れておきます。

着替えが終わったら、MRI室の前室にて先ほど記入した問診表をもとに
検査技師の方から注意事項を聞かされます。
特に下記の点は、問診表にも記載してあり、
2重の確認をされてました。

1.心臓ペースメーカーは使用していないか。
2.体内に手術等で金属は埋め込まれていないか。
3.閉所恐怖症ではないか。

などの注意事項(確認事項)が終わると、造影剤を使用する為に、
事前に腕に点滴針を刺し、検査準備が完了しました。
(MRI検査でも造影剤を使用することも知りませんでした。

CT検査の造影剤と違って体は熱くならないそうです。)
※事前同意書は記入済みです。

前室で待っている間も、結構な音がしていて、
ちょっとビビッていました。

 3.MRI検査

ついに、順番がやってきました。

検査室に入る前に、耳栓をします。

検査室の中に入ると、以前受けたCT検査に似たような機械があります。

機械の上に横になり、コイルという器具をセットして準備完了です。

検査技師の方は別室で操作をするみたいです。

「検査中はなるべく動かないで下さい。」という注意事項がスピーカー
から聞こえてきて、いざ検査がスタートしました。

検査は横になって、たまに息を止めたりするだけなので、
特に難しい事はありませんでした。

音についても、耳栓をしていたこともあって、最初こそ
『ビクッ』
となりましたが、すぐに慣れてしまいました。

造影剤も事前に説明があった通り、特に体が熱くなることも
無かったです。

唯一、つらかったことは約30分間、身動きが取れなかったのが
一番でした。
(腰痛持ちなので、寝返りが打てないと結構きついです。。。)

 5.MRI検査終了~会計

MRI検査も無事終了し、私服に着替えて本日の会計を済ませ、
終了です。

※次回は、入院前の検査及び診察になります。※

~がんセンター受診その3 縦隔腫瘍~2017年9月29日(金)
に続きます。