~がんセンター受診その1 縦隔腫瘍~
2017年 9月 8日(金)

今日から、がんセンターでの受診が始まります。

 1.受付

前回、総合病院から予約を入れれもらった際に、
「予約時間の30分前には来院しておいてください。」
との事でしたので、余裕をみて45分前には来院しました。

受け付けで紹介状と保険証を渡し、受付を済ませました。

受付後~会計までは以下の流れでした。

 2.薬について

受付が終わったら、まずは薬剤師さんの問診です。
『現在服用の薬の有無やアレルギーについて』の確認があります。
今まで、特に薬によるアレルギーとかは無かったので、問診は早く
終了しました。

 3.X線検査(胸部レントゲン)

続いては『胸部X線撮影』です。
ここで、前回総合病院で撮影したCT画像のCD-Rを渡します。
検査は一般的なレントゲン検査です。

 4.呼吸器外科(待合室)

ここで、やっと『呼吸器外科』の待合室に向かいます。
まず、問診表に記入し、身長・体重・血圧測定を行い、診察室に
呼ばれるのを待ちます。

待ち時間に、看護師さんの問診があり、緊急時の連絡先や
家族構成などを聞かれました。

この時点で、診察の予約時間ちょうどでした。

しかし、混んでいたせいか、この後診察室に呼ばれるまで、
1時間以上、待合室で待つことに...。

暇つぶし用の小説を持ってきて良かったです。

5.呼吸器外科(診察室)

しばらくしてから、診察室に呼ばれました。
診察室に入ると、優しそうな先生が待っていました。

早速、先生の診察が始まり、レントゲンの結果やCT検査の結果等
の説明があり、総合病院での診断と同じく、病名は

『後縦隔腫瘍 神経原生腫瘍』

で間違いありませんでした。

先生

「総合病院でも聞いたと思いますが、神経由来の腫瘍です。
現在は、自覚症状が無くても将来的に大きくなって、神経を
圧迫することもありますし、そのまま大きさが変わらない場合も
あります。
ほとんどが『良性腫瘍』ですが、稀に『悪性腫瘍』の場合も
ありますので手術で摘出し、検体検査を行います。」

入院期間は1週間から長くて10日間です。
できれば会社は2週間程、休みを取って下さい。
手術日は早くて今月末ぐらいですが、いかがでしょうか?」

との事でしたが、私の都合で10月の3連休以降で手術日の調整を
お願いしました。

今日は、診察の後に、血液検査』『心電図検査』をして終了です。

次回は胸部の『MRI検査』をするとの事でした。

6.血液検査

血液検査の前に、感染症の検査も一緒に行うとの話があり、通常より
多めに検体を取りました。
採血してくれた看護師さんが、
『今の時代は2人に1人は癌になる時代』と言っていたのは印象に
残りました。

7.心電図検査

普段、健康診断で行っているのと同じで、ちょっと冷たいゴムみたいな
物を手首、足首と胸につけて検査を行いました。

8.会計

診察及び一通りの検査を終えて、次回受ける『MRI検査』
注意事項を聞き、会計を済ませ、本日は終了しました。

※次回は人生初のMRI検査になります。※

~がんセンター受診その2縦隔腫瘍~2017年9月21日(木)
に続きます。

~がんセンター受診その2 縦隔腫瘍~
2017年 9月 21日(木)

2回目の来院です。

本日は『MRI検査』だけで、診察はありません。

次回の診察(9月29日)は前回予約済みです。

 1.受付

前回は初診の為、有人のカウンターにて受付をしましたが、
今回は再診の為、機械による受付です。

受付機に診察券を入れると予約の内容が書かれている紙が発行されて、
受付は完了です。

初めての機械による受け付けでしたが、係りの人が操作の仕方を教えて
くれましたので、スムーズに受付が出来ました。

 2.MRI検査(事前準備)

――――――――――――――――――――――――――――――
◎【MRI検査とは】
強力な磁石でできた筒状の機械の中に入り、磁気の力を利用して
体の臓器や血管を撮影する検査。

レントゲン検査やCT検査と違い、放射線被爆の心配は無いが、
撮影時間は長い。(20~30分程度)

強力な磁力を利用するため、心臓ペースメーカー使用の方や
人工内耳の方などは検査不可
―――――――――――――――――――――――――――――

MRIの受付を済ませ、問診表に記入をし、待合室にて順番を待ちます。

しばらくすると、検査室に呼ばれました。

検査室に入ると、まずは検査着に着替えます。

検査室内は金属等は持ち込めないので、ロッカーに入れておきます。

着替えが終わったら、MRI室の前室にて先ほど記入した問診表をもとに
検査技師の方から注意事項を聞かされます。
特に下記の点は、問診表にも記載してあり、
2重の確認をされてました。

1.心臓ペースメーカーは使用していないか。
2.体内に手術等で金属は埋め込まれていないか。
3.閉所恐怖症ではないか。

などの注意事項(確認事項)が終わると、造影剤を使用する為に、
事前に腕に点滴針を刺し、検査準備が完了しました。
(MRI検査でも造影剤を使用することも知りませんでした。

CT検査の造影剤と違って体は熱くならないそうです。)
※事前同意書は記入済みです。

前室で待っている間も、結構な音がしていて、
ちょっとビビッていました。

 3.MRI検査

ついに、順番がやってきました。

検査室に入る前に、耳栓をします。

検査室の中に入ると、以前受けたCT検査に似たような機械があります。

機械の上に横になり、コイルという器具をセットして準備完了です。

検査技師の方は別室で操作をするみたいです。

「検査中はなるべく動かないで下さい。」という注意事項がスピーカー
から聞こえてきて、いざ検査がスタートしました。

検査は横になって、たまに息を止めたりするだけなので、
特に難しい事はありませんでした。

音についても、耳栓をしていたこともあって、最初こそ
『ビクッ』
となりましたが、すぐに慣れてしまいました。

造影剤も事前に説明があった通り、特に体が熱くなることも
無かったです。

唯一、つらかったことは約30分間、身動きが取れなかったのが
一番でした。
(腰痛持ちなので、寝返りが打てないと結構きついです。。。)

 5.MRI検査終了~会計

MRI検査も無事終了し、私服に着替えて本日の会計を済ませ、
終了です。

※次回は、入院前の検査及び診察になります。※

~がんセンター受診その3 縦隔腫瘍~2017年9月29日(金)
に続きます。

~がんセンター受診その3 縦隔腫瘍~
2017年 9月 29日(金)

3回目の来院です。

本日は『検査結果』『CT検査』『心電図検査』『肺活量検査』
となります。

 1.受付

前回で、機械による受付も要領は分かりましたので、常連客の如く、
受付を済ませました。
(まだ3回目ですが、、、)

 2.診察

今日は診察からスタートです。

まずは、前々回受けた『血液検査』及び『心電図検査』
結果を聞きます。

結果は特に異常はありませんでした。
(血液検査の際に一緒に行っていた感染症も問題ありませんでした。)

続いて、先生から

『手術日が決定しましたので手術前日から入院してください。』
との話がありました。

そんなこんなで、診察も終わり、
続いて、手術前の最終検査を行いました。

検査内容は『CT検査』『心電図検査』『肺活量検査』です。

 3.CT 検査(造影剤有り)

人生3回目のCT検査です。

待合室は結構な人が順番待ちをしていました。

造影剤使用の『承諾書』に記入し、雑誌を読みながら順番を待ちます。

20分程で検査室に呼ばれました。

検査の前室で、造影剤の準備をし、検査に入ります。

やはり、MRI検査と比べて格段に検査時間は短です。

前回、総合病院で検査を受けた時は特に感じませんでしたが、
今回は検査後、若干の気持ち悪さが残りました。
(水分を取ったら治りましたので体調のせいなのかも知れませんが)

 4.心電図検査

今回の心電図検査は今までの心電図検査とは違っていました。

まずは、普通に心電図を図ります。

その後、『踏み台昇降運動』を3分間行った後に、ただちに心電図を
図りました。

学看護師さんが、踏み台昇降中ずっと『1、2、3』と掛け声を掛けて
くれていたのですが、踏み台昇降は学生の時以来でしたので何だか
恥ずかしくなりました。

心電図の結果は特に問題なかったです。

 5.肺活量検査

最後に肺活量の検査です。

実は肺活量検査といくのは、今まで経験が無く、初めてです。

機械に口をつけて、息を吐くのですが、最近は運動も
全くしていなかったので、かなり自信がありませんでした。

看護師さんの励ましの言葉を受けつつ、頑張りました。

『肺活量は問題無いですね!』

と言われて、人生初の肺活量検査は終了しました。

 6.会計

入院前の最後の検査が、終了して会計を済ませ、本日は終了です。

 7.入院について

手術日は10月11日(水)に決定しました。なので、入院は前日の、
10月10日(火)からです。

3連休明けから、1週間程入院生活です。ちょっと緊張します!

 

 8.番外編

入院前の1週間の行動です。

平日は当然普通に会社に行き、入院日から2週間の休みをもらったので
休みの間の仕事の引き継ぎを終わらせました。仕事終わりは、

『入院中は酒は飲めないから今のうちに飲みに行くか?!』と、
色々と飲みに連れてってもらいました。

健康診断の結果、肝臓の数値も悪かったのですが、まさかの
縦隔腫瘍が見つかったので、本当は、肝臓の再検査も受けなければ
いけなかったのですが、

『来年の健康診断までいいか。』

という、勝手な自己判断で特に節制をするわけでも無く、
暴飲暴食を繰り返しておりました、、、。

 

休みの日は、入院中は暇を持て余すだろうと、
あまり携帯ゲームなどをやらない私なので、
入院前にブックオフにて古本を買い漁りました

それと入院日を三連休明けにしてもらった最大の理由の

『末っ子の幼稚園での初めて運動会』

も快晴の中、無事完了しました。

入院に向けて準備は万端です!!

※次回から入院編スタートです※

~がんセンター入院その1 縦隔腫瘍~2017年10月10日(火)
に続きます。